置物として飾っていた骨董を買取してもらう

特に長い歴史を持つ家やオフィスを利用している人にとって、
そこに置いてある置物にどの程度の価値があるか、
わからなくなっているという場合も多いのではないでしょうか。

こういった骨董品は、時に多くの価値を生み出すものです。
作られた年代や作った人、またその後の流通や再評価などにより
常に価格が変動するという難しい面がありますが、
例えば自宅に飾っていたこういった骨董品を処分するという形に
なった場合、その有効な手段として挙げられるものの最たるものが
「買取」です。

ただ単に処分するだけでは費用が発生するものを、
その価値を見出し必要と感じる人のところへ届けるという
役目を担い、さらに手放す側には金銭的な利益をもたらすと
いう形で、骨董品の買取は物の価値が失われることのないように
貢献しているという側面があります。

時期により大きく価格が変わる他、ある程度の相場はあるにせよ、
状況により大きく変わることに注意をしながら、検討していきたいものです。

出張買取に出す骨董品にしておきたいお手入れ

骨董品を出張買取に出す場合に、気を付けておきたいことがあります。
それは、不要なお手入れをする必要はないということです。

仮にするとしても、表面にあるほこりやごみを軽くとるなどで
オーケーです。

その理由は、洗剤などを用いて磨いてしまうと、かえって価値を
落とすことがあるからです。

経年劣化が自然に起こる骨董品は、それ自体が味になることも
多いです。

したがって、その場合には、それをなくすことで
価値を落としてしまいます。

また、研磨剤で骨董品を磨いてしまう場合などは、
その研磨剤が、骨董品の表面を傷つけてしまうこととなります。

それは、大きなマイナス要素となってしまい、それだけで
価値ある品の価値が下がってしまいます。

したがって、出張買取を利用する場合でも、軽いお手入れで
済ませるか、何も手を加えないほうが良いです。

むしろ、悩むくらいであれば、保管していた時に状態のままに
しておくようにしてください。

汚れ事態で減額されることはありません。

骨董品買取前にできる偽物の見分け方

大切にしていた骨董品を買取業者に査定を依頼するにあたって、やはり気になるのは、それが本物か偽物かという点でしょう。骨董品が本物であると判断されるためには、幾つかの条件を満たしている必要があるでしょう。

たとえば、掛け軸を例にとって考えてみた場合、署名や画風などが本人のものであると証明できるかどうかという点は、それが本物か偽物かを知る大事な見分け方と言うことができます。
また、骨董品以外の別の資料から、それが本人のものであると証明できるかどうかという点も、偽物を見分けるのに役立つでしょう。

しかし、こうした点から見分けるのは、決して簡単なことではありません。そこで、買取前に普段から意識して行なえる事があります。
それは、骨董品を扱う信頼できる業者や骨董市などに通って、本物を見分ける目を養うことです。
博物館や美術館などに行くのもよいでしょう。さらに、確かな目を持つ専門家から、見分け方を教えてもらうこともできるでしょう。

骨董品買取の種類「書画」

骨董品には様々な種類があり、絵画や陶磁器、茶道具などが定番ですが、それ以外にも実際の骨董品買取では多くのジャンルを取り扱っています。

その中の一つが書画にあたり、文字だけが書かれた書作品と絵画の総称として分類されています。
絵と書を融合させた作品を表しているジャンルで、和物も洋物も存在します。

一般的に文字と絵が同じ紙に描かれている作品とされ、有名な詩や遺訓などが書かれている作品がよく見られます。
書画に限らず骨董品の価値を見極めるのは専門家でないと難しく、価値によっては売却したい、または手元に置いておきたい骨董品がある時は、まず骨董品買取を行っている店に依頼するのがおすすめです。

骨董品を専門に販売・買取を行っている店にはプロの鑑定士がいるため、現在における適正な価値を知る事ができます。
店によっては無料査定を行っている場合もあります。

また、店によっては得意とするジャンルがあるので、所持している骨董品を得意とする店に依頼する事をおすすめします。

骨董品の保険と骨董品買取

骨董品には、紛失や盗難、また突然の災害などで破損してしまう場合に備え保険が用意されています。

骨董品の中には壊れやすい種類も存在していますので、メンテナンス中にうっかり骨董品を傷つけたりする可能性もあります。
骨董品のみに対象を絞らなくても火災保険でカバーで出来る部分もありますが、一般的に100万円を超える品物は補償対象外となっているため、高額な

骨董品や美術品を所持している場合は注意して下さい。
骨董品は動産総合保険の対象で、骨董品やアンティークなど全てを補償してくれるのが特徴です。

自宅で保管中に破損してしまった場合はもちろん、車で輸送中であったり、使用している最中など様々な状況で補償が可能となっています。
骨董品買取に依頼する時は小さな傷でも査定に響く可能性があるため、焼けたり壊れたりしては査定が低くなるどころか骨董品買取自体が難しいケースもあります。

また、補修にかかる費用を考えると、もしもの時の備えは大切です。

骨董品買取の査定を意識した絵画の見分け方

骨董品と一言で言っても幅が広く、人によって色々な物を持っているものです。

例えば、絵画は壺のように壊れやすいものではなく、飾る時にあまり場所をとりませんから、気軽に楽しむことができる骨董品です。

しかし、いくらあまり場所をとらないと言っても、飾る場所にも限界はあるものです。
収集し過ぎて処分に困ることもあるでしょう。

そんな時に頼りになるのが、骨董品買取の利用で、絵画に関しては日本画や西洋画はもちろんのこと、油絵や水墨画など、幅広いジャンルの絵が買取対象となっているものです。

なお、絵画の骨董品買取を利用する時には、箱があるかどうかが査定額に影響をおよぼすことがありますので、取っておいた方が良いものです。
また、作品にサインや落款がある場合は高価買取につながりやすいものです。

他にも、鑑定協会などの鑑定書などがある場合も、高価買取になりやすいので、骨董品買取を利用する時には、意識しておくと良いでしょう。

骨董品買取の種類「茶道具」

骨董品買取には、様々な種類があります。
日本の骨董品としてよく知られているのが茶道具です。

茶道の歴史は古く、もともとは中国で始まり、その後日本独特の茶道が確立されたと言われています。
茶道の確立に尽力したのが、千利休です。

日本はもちろん、海外でも人気がある茶道ですが、道具を見る目も必要となってきます。
茶道具は、骨董品の世界では重要なもので、骨董品買取でも非常に需要が高いです。

茶道具の基本は、薄茶器の一種である棗です。
棗は、薄茶を入れる容器で、様々な種類があります。
漆塗りで美しく、価値も高いのが特徴です。

茶道で重要な存在となっているのが、茶入れです。
茶入れは、濃茶を入れるために使われ、陶器製のものが多いです。
中には、象牙の茶入れもあり、非常に高価です。

茶をたてる茶筅も人気があり、需要が高いので、ものによっては高価買取が期待できます。
茶釜も、古いものは相当に高い買取額になることがあります。
茶碗の中には、数千万円の価値があるものもあります。